未来は明らかに
生まれ変わる
新しいこと始めよう

廣瀬 正和MASAKAZU HIROSE

出身地
岡山県
出身校
東岡山工業高等学校
渡瀬

次世代の担い手の
チカラとなりたい

未来は

さまざまなテクノロジーが一気に進化しています。
AIを始め新たなソリューションが次々と生まれ、企業や業界も変わらなければならない時代となるでしょう。 変化が激しく先が読みにくい未來に、情報収集と前向きな「抜本的なビジネスモデルの転換」が望まれています。

わたくしの想い

そこで私どもの持つ建設業の底力をはっきし、いかに今後を楽しく豊なものにして行くか。  「人に寄り添う」が中心で、「幸せで楽しい未來生活の設計」をどの様に創るかが大きな使命と考えています。 次の世代の一人ひとりが、今後大きな資産として未来を切り開くと考えられ、「キッズビジネスパーク子供向け職業体験」など積極的に取り込んで挑戦し、 次世代の担い手のチカラとなりたい。

社員の皆様に伝えたいこと

私たちができる事は手助けをし、のびのびと仕事をして欲しいと思います。
それは、仕事に対するメンバーの達成感と、前向きに意見を出せるような信頼感関係を基本にした空気が持てる環境づくりを大切にしているからです。 より広い視野と高い視点で、積極的に行動を起こして欲しいと思います。お客様、そして我々の業界、大きく言うと社会の目標とする豊さにまでも発展、貢献させ、そのための新提案を目指し、 環境づくりや情報提供をしていきたいと思っています。

メンバーは成長意欲が大きいので、これからも成長させ続けられるように、私自身もおおいに成長しなければと感じています。 お互いが心を開き会話することから始め、素直に自らの個性や強みを行き来させ、理解し興味を持ち、目標達成に繋げるための機会を日常的に行う必要がある事を話しています。 そうして生まれるのが、会社とスタッフ、ひいてはお客様との信頼関係です。今後大きく変革する世界の中で、個性を理解し合うことと思いやり視点が大切なのではないでしょうか。
また、さまざまな情報が必要で、それらを集めるには電話やメールだけではなく、とにかくお客様先へ行って聞き出すことが大切です。 そのようにお客様の立場から物事を見るのは、何より大切だと思われます。常に思いを高めこの様な姿勢でさらに経験を積んでいけば、もっと結果を出せると考えます。

株式会社SEIYU

わたくしのこだわり

「温故知新」
古くからの「良いもの」はいい。こだわりに新しいものを取り入れ、次の「標準」を創る。私自身も周りもそうやって一段いちだん未来の階段を登って行くでしょう。
技術や環境はどんどん新しくなって行くものですが、これまでの知識や経験を生かし、しっかり取り入れて行く事です。自分に行き詰まったり、悩んだり、不安を感じた時に、昔聞いた話や昔読んだ書物の一行の文章にふとヒント得ることがあります。
スカイツリーを建設するのに参考にされのはなんと「法隆寺の五重塔」だそうです。1300年以前以前に建てられたものです。 少し頑固なところもあり、反省することもありますが、行動を起こし理解してもらうよう努めています。

株式会社SEIYU 株式会社SEIYU

人とひととの
体温を感じる
コミュニケーション

人と生きる

忘れてはならないこと、人とひととの体温を感じるコミュニケーション。
「人」「地球」「宇宙」が一つになり、奪い合う社会から豊さが叶う未來の大切さを、多くの人に伝えたい。 コミュニケーション能力を全く必要としない仕事は存在しません。ただ、仕事の種類により、対面で接することの多い業務やメールでのやりとりが中心の仕事など、 多岐にわたるコミュニケーションに戸惑うこともありますが、必要とされるそれは多岐にわたり、職務同様さまざまに対応を迫られること思います。 コミュニケーションは、相互の言葉や理解の中で成立するもので、片方が改善するだけでうまくいくとは限りません。ただ、いくつかの心掛けによって、 円滑なコミュニケーションを実現するきっかけになることがあるのも、事実です。

私なりに、いくつか申してみます。

「相手の話をさえぎらずに最後まで聞く」

うまく話しかけることができなくても、相手に共感し理解してもらっているとの好印象を与えます。

「笑顔」

人との距離を近付けて「この方は、なんだか話しやすいな」と思わせるためには、笑顔が必須です。

「声のトーン」

なるべく親しみやすいように声のトーンを柔らかく少しだけ高くする。

「名前を大切に」

自分の名前、そして相手の名前を大切にすることで、仲良くなりたい気持ちも伝わる。

「気遣い」

相手を不快にさせないため、相手を尊重する。

基本中の基本ですが、「目を見て話す!」

気持ちのこもった言葉は、相手の心に響きやすいといわれています。

などなどです。

渡瀬

そして未来をワクワクさせるTo the future

加速する時間軸、その中での「未来」はどの様だろう。
すごいことのできる、それは楽しいモノだろう。
人間が生きていることでエネルギーが生まれ、車が動いたり、電気がついたり。瞬時に別のところに移動したり、ドラえもんの「どこでもドア」の様な未来は、本当に楽しいと思うよ。

ページトップへ戻る